脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で…

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で、皮脂の分泌が乱れる要因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇等が大きいと考えられているのです。 急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番よくある中耳炎で比較的子どもに多く発症します。強い耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの耳の症状がみられます。 塩分や脂肪の大量摂取をやめて手ごろな運動に尽力するだけでなく、ストレスの多すぎない日常生活を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を防ぐコツなのです。 アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れた4週間後、製薬市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に変更される医薬品もある位、ジェネリック(後発医薬品)は世界各国で知られているという現実があります。 ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失効した後に市場に出回る、新薬に等しい成分で負荷が少なくて済む(価格の安価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。 ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を想像し、中でも足の裏にみられる病気だという認識が定着していますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらず、全身いたる所にかかってしまう可能性があるので気を付けましょう。 音楽会の開催されるホールや踊るための広場などに備えられた大型スピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「音響外傷」と言っているのです。 真正細菌の結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることで外気に振りまかれ、空気中でフワフワ浮いているところを他人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。 普通ならば骨折しない位の小さな圧力でも、骨の一定の部位だけに複数回にわたり休みなくかかることにより、骨折することがあるので気を付けましょう。 基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で生命を保つ(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持等)のに必要となる基本的なエネルギー消費量のことを言うのです。 World Health Organizationは、UV-A波の異常な浴び過ぎは皮膚疾患を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を世界各国に勧めています。 最も大きな臓器である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や狭心症を代表とする色んな疾患の誘因となる恐れがあることをご存知でしょうか。 チアミン不足が原因の脚気の症状は、主に手足がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の浮腫みなどがよく見られ、進行すると、重症の場合、心不全も併発することがあるそうです。 拡張期血圧90以上の高血圧になると、体中の血管に大きな負荷がかかった結果、頭頂からつま先までありとあらゆる場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症してしまう率が大きくなるのです。 下腹の疝痛を起こす病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患などの病名がみられます。 ... Read More

20代になってから発生する難治性の“大人ニキビ”の…

20代になってから発生する難治性の“大人ニキビ”の症例が増加傾向にある。10年以上大人ニキビに悩まされてきた方が皮膚科の医院に来る。 化粧の短所:皮膚への影響。毎日毎日煩わしくてたまらない。化粧品の費用が結構嵩む。物理的刺激でお肌が荒れる。お直しやフルメイクをするので時間の無駄遣いをしているように思える。 アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)を服薬だけで治そうというのは残念ながら幾分無理があります。生活環境や楽しいことなど生活すべての考えまで掌握する診察が重要です。 このコラーゲンとは、空から降り注ぐ紫外線に当たったり何らかの刺激を頻繁に受けたり、心身のストレスが積み重なったりすることで、傷つき、行く行くは生成することが難しくなっていくのです。 睡眠時間が足りないと人の皮膚にどんな悪影響を与えるかご存知でしょうか?その代表のひとつはターンオーバー(新陳代謝)の遅れです。健康なら28日単位である肌の入れ替わりが遅れがちになってしまいます。 身体中に張り巡らされているリンパ管に並ぶように進んでいる血流が滞ってしまうと、人体に欠かせない栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、結果的には脂肪を増量させる誘因になるのです。 美白というのは、黒色色素が薄く、更に明るい肌を志すという美容上の観念、またはそんな状態のお肌のこと。主に顔の皮膚について使われることが多い。 本来28日周期のターンオーバーが遅れると、様々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現するようになります。老けて見られるシワ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・弛み・肌荒れ・乾燥など、言い出せばキリがありません。 本国では、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみやシミの存在しない状態を好ましく感じる習慣は以前から広まっており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるくらいだ。 美容外科の手術を受けることについて、人には言えないという感覚を抱く患者さんも結構多いので、手術を受けた方々のプライドやプライバシーを侵害しないように注意が特に重要とされている。 リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、肉体的にダメージを受けた人のリハビリテーションと同じように、容貌に損傷を受けた人が社会復帰するために身につける技能という意味が込められているのです。 容貌を整えることで気分が良くなり余裕が出るのは、顔にトラブルを抱えている人もいない人も違いはありません。私たちは化粧を己の内から元気を発見する最善の方法だと自負しています。 ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人の細胞間に多く存在しており、水分の保持や衝撃を吸収するクッションの役目をして大切な細胞を防護していますが、加齢にともなって体の中のヒアルロン酸はどんどん減少していくのです。 肌の奥で誕生した肌細胞はゆっくりと時間をかけてお肌の表層へと移動し、結果的に肌表面の角質層となって、時が来れば自然に剥がれ落ちます。この仕組みがターンオーバーというわけです。 軟部組織マニプレーションというのは一部の筋肉や骨格により位置に異常をきたした臓器を元来あった所に返して内臓の動きを高めるという技法です。 ... Read More