骨を折ってひどく出血した状態だと、急激に血圧が降下…

骨を折ってひどく出血した状態だと、急激に血圧が降下して、眩暈や冷や汗、悪心、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などの脳貧血の症状が誘引される時があります。

食事をするときは、食べようと思った物をなんとなく口に入れたら20回前後咀嚼して嚥下するだけだが、それから人体は実に律儀に働き続けて食物を体に取り入れるように努めているのだ。

現在の手術室には、トイレや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を設置し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を備えておくか、付近にX線のための専門室を併設するのが常識である。

好気性桿菌の結核菌は、患者がゴホゴホと「咳」をすることによって外気の中に放出され、空気中でフワフワ飛んでいるのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって次々に感染していきます。

日々繰り返される規則正しい暮らしの継続、腹八分目の実践、正しい運動等、古典的とも言える体についての注意点が老化対策にも役立つといえます。

最も大きな内臓である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)は、糖尿病を代表とする多様な健康障害の合併症の元凶となる可能性があるといわれています。

「肝機能の衰退」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等の数値でモニタリングできますが、ここ数年肝臓の機能が悪化している現代人の数が明らかに増加傾向にあると報じられています。

内臓に脂肪が多く付いた肥満と診断されて、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖の中で2~3項目に当てはまるような事例を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と称しています。

寝姿を見ることなどで、本人が猫のことを愛おしく感じる時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌されれば、ストレスの低減やヒーリングにつながるのです。

汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足の裏、指と指の隙間などにプツプツとした水疱が現れる症状で、通常は汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出現すると水虫と早とちりされることもあります。

眩暈がなく、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何回も繰り返すタイプのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」という病名で呼ぶケースもあることは意外と知られていません。

下が90以上の高血圧が長い間続くと、血管に強い負荷がかかり、全身至る所のあちらこちらの血管に障害が巻き起こって、合併症を併発する見込が高まります。

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3種類に分類されますが、この中耳の辺りに様々なバイ菌やウィルスなどが付着して炎症が起こったり、液体が溜まる病を中耳炎と称しているのです。

バイキンやウィルスなどの病気を生み出す病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺に進入し伝染してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を呈示した境遇を「肺炎」と呼んでいるのです。

ストレスが蓄積してしまうプロセスや、手軽なストレス対処法など、ストレスに関しての正しい知識を保持している方は、現時点ではまだ多くないようです。