脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で…

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で、皮脂の分泌が乱れる要因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇等が大きいと考えられているのです。

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番よくある中耳炎で比較的子どもに多く発症します。強い耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの耳の症状がみられます。

塩分や脂肪の大量摂取をやめて手ごろな運動に尽力するだけでなく、ストレスの多すぎない日常生活を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を防ぐコツなのです。

アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れた4週間後、製薬市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に変更される医薬品もある位、ジェネリック(後発医薬品)は世界各国で知られているという現実があります。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失効した後に市場に出回る、新薬に等しい成分で負荷が少なくて済む(価格の安価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を想像し、中でも足の裏にみられる病気だという認識が定着していますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらず、全身いたる所にかかってしまう可能性があるので気を付けましょう。

音楽会の開催されるホールや踊るための広場などに備えられた大型スピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「音響外傷」と言っているのです。

真正細菌の結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることで外気に振りまかれ、空気中でフワフワ浮いているところを他人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。

普通ならば骨折しない位の小さな圧力でも、骨の一定の部位だけに複数回にわたり休みなくかかることにより、骨折することがあるので気を付けましょう。

基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で生命を保つ(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持等)のに必要となる基本的なエネルギー消費量のことを言うのです。

World Health Organizationは、UV-A波の異常な浴び過ぎは皮膚疾患を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を世界各国に勧めています。

最も大きな臓器である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や狭心症を代表とする色んな疾患の誘因となる恐れがあることをご存知でしょうか。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、主に手足がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の浮腫みなどがよく見られ、進行すると、重症の場合、心不全も併発することがあるそうです。

拡張期血圧90以上の高血圧になると、体中の血管に大きな負荷がかかった結果、頭頂からつま先までありとあらゆる場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症してしまう率が大きくなるのです。

下腹の疝痛を起こす病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患などの病名がみられます。