美容外科(plastic surgery)とは、要…

美容外科(plastic surgery)とは、要するに外科学の一分野で、医療としての形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものである。更に、整形外科学と混同されやすいのだがこれは全く分野が違っている。

幅広い年代の女性がおこなうピーリングとは、老化し役目を終えた角質を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)することを繰り返して、生成されて間もない美しい皮膚(角質)に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとするシンプルな美容法です。

頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは実年齢より年上に見られる原因に。肌の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の老化がたるみへと繋がりますが、その他に暮らしの中の何気ない仕草も原因となります。

20代、30代に出現する、治りにくい“大人ニキビ”の症例が増加傾向にある。10年という長期間こうした大人ニキビに苦痛を感じ続けている多くの患者が当院の門をたたく。

よく女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、ダイエットにも良いし、毒素の排出、免疫力アップなど、リンパを流しさえすればあれもこれもOK!という華やかな内容の謳い文句が掲載されている。

アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)を服薬だけで治そうとするのには無理があると言えます。習慣や楽しいことなどライフスタイル全般のテーマまで共有するような治療方針が必要です。

深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当作りに食事の準備…。お肌に悪いと承知していても、日々の生活ではしっかり睡眠時間を持てていない方がほとんどではないでしょうか。

慢性的な睡眠不足は人の肌にはどんな影響を与えるかご存知ですか?その代表格が肌の新陳代謝が遅れること。お肌の入れ替わる速さが遅れます。

ほっぺたやフェイスラインのたるみは実年齢より老けて見える要因になります。皮膚の弾力や表情筋の老化がたるみに繋がりますが、それ以外に普段おこなっている何気ない習慣も原因となるのです。

その上に日々のストレスで、心の中にも毒は山のごとく溜まっていき、同時に身体の不調も起こしてしまう。「心も体も毒まみれ」という不安が、多くの現代人をデトックスへと駆り立てている。

現代社会で生活するということで、体の内側には人体に悪影響を及ぼすというケミカルな物質が溜まり、加えて己の体の中でもフリーラジカルなどが誕生していると言われている。

我が国では、肌が白くて淀んだくすみや茶色いシミが出ていない状態を好ましく捉える感覚はかなり以前からあって、「色の白いは七難隠す」という諺もある。

口角がへの字型に下がっていると、肌の弛みは格段にひどくなっていきます。しっかりと左右の口角を上げた笑顔になれば、たるみ予防にもなるし、人に与える印象も美しくなると思います。

あまり聞き慣れないリハビリメイクという言葉には、体の機能に損傷を負ってしまった人の理学療法のリハビリテーションと同様、顔などの外観にダメージを被った人がもう一度社会生活を送るために学ぶ手法という側面があるのです。

本国における美容外科の経歴の中で、美容外科が「正しい医療」との認識を得るまでには、割と時間を要した。