明治時代の終わり頃、洋行帰りの女たちが、洋風の髪、…

明治時代の終わり頃、洋行帰りの女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋式の新しい化粧品・美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらを新しく表現する単語として、美容がけわいの代わりに使われるようになったとされている。

女性たちが「デトックス」にのめりこんでしまう大きな理由として思いつくのは、我々が暮らす環境の汚染だろう。空気や土壌は化学物質で汚れ、食べものには不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬が多くかかっていると言われている。

審美歯科は、美しさを主軸に据えた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の持つ役割には咀嚼などの機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、共に健康面においては大切な要素だと考えることができる。

アトピーの因子:家族の病歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち一種類、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を作りやすい原因、など。

20代、30代になってから出現する難治性の“大人ニキビ”の患者さんが多くなっている。10年以上こうした大人のニキビに苦しまされている多くの人が当院にやってきている。

早寝早起きすることと週2、3回楽しくなる事をすると、体の健康のレベルはアップするのです。こんな事例があり得るので、アトピー性皮膚炎の人は皮ふ科のクリニックを受診するようにしてください。

明治時代の終わり頃に異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の格好、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介して、これらを表現する単語のひとつとして、美容がけわいの後釜として使われるようになったのだ。

ホワイトニング化粧品であることを正式なツールでPRするには、薬事法の管轄である厚生労働省の許可が下りている美白に効果を発揮する成分(ほとんどはアルブチン、こうじ酸の2種類)を使う必要があるのだ。

唇の両端、即ち口角が下がっていると、皮膚のたるみは一段とひどくなります。しっかりと左右の口角を持ち上げた笑顔でいるように意識すれば、たるみも防げるし、外見も美しくなりますよね。

我が国の美容外科の来歴において、美容外科が「紛れもなく正しい医療行為」だとの評価と地位を手に入れるまでに、結構長くかかった。

全身のリンパ管に並んで進んでいる血の循環が悪くなると、様々な栄養や酸素が隅々まで運ばれにくくなり、結果として余分な脂肪を定着させる大きな原因のひとつになります。

全身に張り巡らされているリンパ管に並んで動いている血の動きが鈍くなると、人体に欠かせない栄養や酸素が届きにくくなり、結果として不要な脂肪を多く着けさせる誘因となります。

日本皮膚科学会の診断の目安は、①強い痒み、②独自の発疹とその広がり方、③反復する慢性の経過、3点すべてチェックが入る病気を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と呼んでいる。

メイクアップの欠点:泣いた時にまるで阿修羅のような顔になること。微妙にミスすると下品になって地雷を踏んでしまう。素顔をごまかすには骨が折れる。

最近よく耳にするネイルケアとは、爪や手指などのお手入れを指す。ヘルスケア、美容、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質の保全といった色々な捉え方が存在し、今やネイルケアはなくてはならないものと言えるようだ。

ストレス 記憶力